ようこそ!自主簡易アセス支援サイトへ

トピック
2016/12/07 長坂上条太陽光発電所計画自主簡易アセス の評価書案に対する意見募集を行っています
2016/12/07 「セミナー等ご案内」に
自主簡易アセスde持続可能な地域づくり
(開催地:熊本 12/22)
を追加しました。
2016/10/07 『環境アセス&VRクラウド』 の書評が環境アセスメント学会誌に掲載されました。
2016/10/03 「セミナー等ご案内」に
環境コミュニケーションによる地域づくり  ~自主簡易アセスとは~
(開催地:広島市 10/26、高松市 10/26、名古屋市 11/21)
を追加しました。
2016/10/03 「セミナー等ご案内」に
サスティナブル・デザイン  ~持続可能な時代に向けた新しい設計コンペ手法の提案~
(開催地:東京 11/15)
を追加しました。
2016/09/06 簡易診断(無料)に 「自然とのふれあい活動の場チェック~簡易立地診断マップ~」 を追加しました。(協力:公益財団法人自然保護協会)
2016/06/30 「参考資料「太陽光発電所の環境影響簡易調査例」(中山間地での事例) を公開しました。

過去のトピック
構成中のサイトです。皆様のご意見&ご感想をお寄せください

NPO地域づくり工房では、発足当初より、環境影響評価(アセス)に関する相談や 市民講座の活動を行っています。2012年度よりは、地元事業者との協働により、自主簡 易アセスの事例を開拓し、環境アセスメント学会などの場を通じて発信してきました。幸い にして、わが国における中小企業と環境NPOの協働による自主的なアセスの先駆例と して、各方面よりご注目いただいています。

そこで本会では、中・小規模の開発事業における自主簡易アセスの取り組みを広める ためのテキストや支援ソフトを2~3年間かけて開発していきます。まだ試行錯誤の段 階ですが、このサイトをご覧いただきまして、ご感想やご意見を賜りたくご協力を心よ りお願い申し上げます。


メッセージ

事業者の方へ
住民やNPOの方へ
環境行政の方へ

サイト説明

a) 目的

自主簡易環境アセスメント(以下、自主簡易アセス)は、持続可能な社会の構築に向けて、 国や自治体の環境影響評価制度(以下、制度アセス)の対象とならない規模や種類の事業に ついて、事業者が、その環境影響を事前に見積もって、住民等との対話に供し、適切な 環境保全対策の立案を図ろうとする取り組みです。

このサイトは、自主簡易アセスを実施しようとする事業者及びそのファシリテートを担う 環境NPO等の業務を円滑にするために、無償の設計支援ソフトをはじめとする参考となる情報を 提供するものです。

b) 対象事業
[1] 地域密着 地域社会において身近なところで行われる開発行為を対象とします。
[2] 規  模 制度アセスにおける第2種事業8割以下の規模を想定しています。 それ以上の規模がある場合は、制度に準じた取り組みがなされることが望ましいと考えます。
[3] 種  類 制度アセスの対象となっていない事業(たとえば太陽光発電所や都市公園、 大規模なイベント等)での実施も想定しています。
c) 実施のタイミング

行政手続き(開発申請手続きや農地転用手続きなど)の事前に行い、 自主簡易アセスの実績を申請に際して活用するのが効果的と考えます。

d) 6つの事業

当サイトでは左記メニューの簡易チェックより、以下の6つの事業から環境影響度の簡易チェックを行うことが可能である。


e) 簡易診断の流れ


自主簡易アセス支援ツールの構成図

ご協力に感謝申し上げます。


株式会社フォーラムエイト
一般財団法人最先端表現技術利用推進協会
一般社団法人日本環境アセスメント協会
島津康男様(名古屋大学名誉教授、環境アセスメント学会初代会長)

本支援システムの考え方は、島津先生が開発された「アセス助っ人」がベースになっており、多大なご支援を賜りました。


開設者:NPO地域づくり工房
長野県大町市仁科町3302(郵便番号 398-0002) http://npo.omachi.org/
助成元:独立行政法人環境再生保全機構「地球環境基金」
協 力:株式会社フォーラムエイト、一般財団法人最先端表現技術利用推進協会